TOP > 部門紹介

部門紹介部門紹介

リハビリテーション部のご案内

厚南セントヒル病院リハビリテーション部は平成6年に開設し、理学療法部門(Physical Therapy:PT)作業療法部門(Occupaional Therapy:OT)の2部門が、それぞれの専門性を生かした総合的なリハビリテーションを行っております。
当院では機能回復のみではなく、障害によって身体的、社会的に不利な立場におかれている方々が、その人らしい生活を取り戻し、地域社会へ参加できるように支援を行い、再び社会の一員として復帰できることを目標としたリハビリテーション医療を提供していくことを心掛けています。

その為に当院では、中枢性疾患、運動器疾患、内科・泌尿器科疾患の急性期から早期離床を目標にリハビリテーションを開始いたします。そして、回復期、在宅・維持期に至るまで、一人ひとりの方に充実したサービスが提供できるように、多職種(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、薬剤師、医療福祉相談員、管理栄養士)が参加する合同カンファレンスを定期的に行い、情報の共有を図ることで治療方針を統一し、効果的且つ充実した内容のリハビリテーションを提供するように努めています。

リハビリ室360°ビュー

部門紹介

理学療法部門

理学療法部門では、骨折や脳卒中等の病気や、内科・外科疾患の治療後の方の身体機能、運動機能の回復を最大限に図ることを目的とし、入院初期から在宅復帰に向けて座る、起きる、立つ、歩くなどの動作練習を行い早期離床に努めています。また日常生活動作が難しくなった方々に対しては、残った運動機能を最大限に発揮するための治療・支援・指導を行っています。

作業療法部門

作業療法部門では、身体や精神に障害のある方に対して、主体的な生活を送っていただくために、さまざまな活動を通して、身体機能・精神機能の回復、維持、援助を行っています。
食事・排泄・更衣・整容・入浴などの日常生活活動を再び獲得できるように練習を行ったり、安全に行える方法を本人様だけでなくご家族様にも指導していくことで、在宅や地域に復帰していただけるように援助しています。さらに、退院後も、安全に生活していただけるように、理学療法部門や医療相談員と協力して住宅改修のアドバイスや福祉機器・用具の紹介も行っています。

リハビリテーションは決して短期間で終わるものではありません。当院のリハビリテーション部では、その方々のニーズに合わせたリハビリテーション計画に基づいて、入院初期から維持期・在宅復帰までの長期に渡るリハビリテーションを常に支援し続けています


『すべての患者さんに優しく』をモットーに、リハビリを通して、生きがいや毎日が楽しいと思える「憩いの場」を提供できるように、リハビリスタッフ一同皆様を明るくお迎えしています!!

PAGE TOP

病院案内外来医師表サイバーナイフ部門紹介求人情報リンク