• 標準
  • 大
  • 特大
医療法人聖比留会セントヒル病院の電話番号
HOME >  セントヒル病院について >  当院施設基準

当院施設基準

医療法人 聖比留会 セントヒル病院施設基準

当院施設基準

当病院は、厚生労働大臣が定める施設基準を行っている保険医療機関です。〈2022年10月1日現在〉

1.入院基本料に関する事項

一般病棟

  • 一般病棟入院基本料
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 急性期看護補助体制加算
  • 看護職員夜間配置加算

療養病棟

  • 療養病棟入院基本料
  • 療養病棟療養環境加算1

特定入院料

  • 地域包括ケア病棟入院料1及び地域包括ケア入院医療管理料1

その他

  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算2
  • 入退院支援加算
  • データ提出加算
  • 後発医薬品使用体制加算3
  • 医療安全対策加算2
  • 感染対策向上加算3
  • 認知症ケア加算
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算

2.特掲診療料に関する事項

  • 糖尿病合併症管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ及びロ
  • がん治療連携指導料
  • 外来腫瘍化学療法診療料1
  • 二次性骨折予防継続管理料 1・2・3
  • 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 画像診断管理加算2
  • ポジトロン断層撮影
  • ポジトロン断層・コンピュータ断層複合撮影
  • 乳房用ポジトロン断層撮影
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
  • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料の注2
  • 検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
  • 難治性高コレステロール血症に伴う重度尿蛋白を呈する糖尿病性腎症に対するLDLアフェレーシス療法
  • 心臓MRI撮影加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 集団コミニュケーション療法料
  • 人工腎臓
  • 導入期加算1
  • 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 椎間板内酵素注入療法
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)
    ※管理栄養士によって管理された食事を適温適時(夕食は18時以降)で提供しています。
以上 2022年10月1日現在

保険外負担に関する事項

当病院では、以下の項目等について、その使用量、利用回数に応じた実費の負担をお願いしています。(税込)
  • 各種文書料(1,100〜5,500円/枚)
  • テレビ代(198円/日)
  • 病衣貸与料(55円/日)
  • 入院時セット(1,100円/セット)
  • クリーニング代(660円/回)
  • 食事用エプロン代(24円/日)
  • 簡易ベッド代(110円/日)
  • 付添寝具代(220円/日)
  • 貸冷蔵庫代(110円/日)
  • 外来透析食事代(358円/食)
なお、衛生材料等の治療(看護)行為及びそれに密接に関連した「サービス」や「物」についての費用の徴収や、「施設管理費」等の曖昧な名目での費用は、一切行っておりません。
当院の有料個室は、以下のとおりです。ご利用を希望する方はスタッフへお申し出下さい。

特室料金(1日につき)(税込)

2階病棟 特別個室 13,200円(1室)
一般個室 6,600円(10室)
3階病棟 一般個室 5,500円(9室)
4階病棟 一般個室 3,300円(2室)
5階病棟 一般個室 3,300円(3室)
当院では、保険外併用療養費として以下のものがあります。(税込)
  • 180日超特定療養費(2,198円/日)

外来腫瘍化学療法診療料1について

 当院では中国四国厚生局長に当該施設基準の届出が了承され算定しております。
▼当院には専任の医師、看護師、または薬剤師が院内に常時1人以上配置されております。患者さまから電話等による緊急相談等に24時間対応できる連絡体制が整備されております。
▼当院では急変時等の緊急時に当該患者さまが入院できる体制の確保を行っております。
▼当院では実施される化学療法のレジメン(医療内容)の妥当性を評価し、承認する委員会を開催しております。

PAGE
TOP