TOP > 施設概要
施設概要

セムイ放射線室長挨拶

がんは日本人の死亡原因の第1位で、毎年30万人以上ががんで亡くなり、毎年新たに 5~60万人の人ががんを発症しています。がんは決して珍しい病気ではなく、3人に1人ががんで死亡する状況下にあり、がんの克服は重要な課題です。がんを克服するためにはがんの早期発見しかなく、早期に発見すれば放射線治療や比較的負担の少ない手術やインターベンションで治癒できる例は多くあります。セントヒル病院セムイPET・画像診断センターは、がん拠点病院の山口大学医学部附属病院の提携病院として、がんの克服の一翼を担う施設として、平成19年3月から開設されました。

当院の診療理念は、「がんの早期発見から治療まで」であり、施設の特色として、高精度のがん検診と診断のために、18F-FDGをはじめ各種PET検査に対応するためのサイクロトロンとPET (Positron Emission Tomograph;陽電子放出断層装置)/CT装置を中心に、3T MRI、64列CT、デジタルマンモグラフィ装置などの最新鋭の各種画像診断装置を装備し、さらに高精度放射線治療装置(ノバリス®)によりがんの放射線治療が行なえる体制をとっている点にあります。また、PET/CTや64列CT、3T MRIで得られた画像・機能代謝情報は、放射線治療計画装置に取り入れられる環境を整備しており、これらの情報を最大限に活用して高精度放射線治療を行なえる体制を整備してあります。

セムイ(施無畏)の名は、スタッフ一同が、がんに対する不安を取り除き安心を得ていただける診療を目標にしていることを表したものです。

山口大学附属病院および地域医療機関の皆様との連携により、当サイトの特色が生かされ、がんの早期発見によりがん克服に貢献できればと願っております。

●早期がん発見には、検診が最良の方法です。●検診をもっと増やすことが、がんを克服する一番の方法と考えています。

がん検診の意義

当院では、「がん」の早期発見そして治療へとつなげるための「がん検診」を重要視しています。早期にがん発見するには検診を行うしかなく、がん検診を増やすことが、がんを克服する最良の方法と考えています。

がんは一つの細胞から増殖を繰り返し加速度的に大きくなりますが、通常、1cmの大きさになるまでに約10~20年はかかります。がんを小さいうちに発見すれば、内視鏡を使用した手術などの負担の少ない手術により完治できる可能性があり、からだへの負担を少なくするだけでなく、経済的な負担も軽くします。がんは早期発見さえできれば不治の病ではないのです。

セムイPET・画像診断センターでは、PET/CT装置に加え、最新鋭の3T MRI装置やマルチスライスCT装置を導入し診断能の向上を図るとともに、従来の超音波検査や内視鏡検査や血液検査(腫瘍マーカーなど)などを組み合わせて、がんの早期発見に努めています。現在、胃がん、肺がん、乳がん等は、手術のために相当の日数の入院を要し、平均約100万円の入院医療費を必要としています。特にがんで死亡された方は、その初診から1年の間に平均約400万円もの医療費が支払われています。早期がんの治療では、入院期間も短く、医療費も少なくおさえることができます。

元気な時には『健康の大切さ』に気づきにくいものですが、手遅れにならないよう、がん検診されることをお勧めいたします。

セムイ放射線室長 菅 一能

PAGE TOP

医療法人セントヒルのその他の施設情報はこちらから

セムイPET・画像診断センター

施設概要PET/CT検査とはPET/CTとPETの違い検診コースの紹介医療機関の皆様へ
プライバシーポリシーリンクアクセスお問い合わせ