TOP > FDG PET/CT検査とは
FDG PET/CT検査とは

FDG PET/CT検査の特徴

FDG PET/CT検査のメリット

1.がんの早期発見に有用

今まで通常行われていたがんの検査では、1~2cm以下の早期がんを発見することは非常に困難でした。
また、何らかの自覚症状が現れた時には数cmの進行がん(急激に増殖・成長するとともに、あちこちに転移する)になっていることが多く、治療には手遅れであることも少なくありません。
しかし、がんは、早期に発見し、治療を開始すれば完治する病気と言われています。
そればかりか、早期であれば、治療方法の選択肢が広がるとともに、短期間の楽な治療で完治する症例も少なくありません。
PET検査では、1cm前後の早期がんより発見が可能であり、非常に有用な検査であるといえます。

また、FDG PET/CT検査では細胞の「活動の様子」がわかります。X線CTやMRIの検査では「かたち」や「位置」の情報が得られますが、両者の情報を相互に評価することで、より正確ながん診断が可能となります。

2.一度に全身の検査が可能

従来のがん検診は、胃、肺、乳房、子宮といった特定の部位のみを検査をするものでした。FDG PET/CT検査では、一度に身体の広い範囲(頭部から骨盤まで)を検査することができ、予想外の部位への転移の有無も調べることができます。

3.がんの発見率が高い

従来のがん検診では、それぞれの検査で1000人のうち1人から2人にがんの存在を認めるのみでした。しかし、FDG PET/CT検査と他の必要な検査を組み合わせる総合検査では、1000人のうち5-20人にがんが発見されているとの報告されています。

4.良性・悪性の推定が可能です。

薬剤(18F-FDG)の集積量で、良性・悪性を推定することが可能です。

5.診療方針が立てやすい

FDG PET/CT検査で異常集積があった場合、速やかに精密・確定検査に移行することができます。
また、一度の検査で異常部位の発見と同時に、転移・再発の有無の確認や、進行度の推定が出来るため、診療方針が立てやすくなります。

6.体に負担の少ない検査

静脈に18F-FDGを注射し、60分ほど安静にした後、PET/CT装置の上で20分程度で横になるだけで、身体の広い範囲(頭部から骨盤まで)が撮影されます。一度に全身の評価ができる点で優れた検査法です。

7.安全で楽な検査です。

検査の際、機械に寝ているだけで、注射以外には痛みを感じることはありません。
しかも服(検査着)を着たまま検査することができますので、安心して受けていただけます。

FDG PET/CT検査に他の検査を組み合わせる必要性

FDG PET/CT検査では、一度に多くの臓器を診断でき、従来のCT装置を備えていないPETのみの検査だけでは見落とすことがあるがんも75%以上の割合で検出できます。
しかし、PET/CTで、すべてのがんを発見できるわけではありません。一般的に、顕微鏡レベルのがんや5 ㎜以下の小さながんは現在の装置の解像度の限界により検出が困難な場合があります。また、ブドウ糖の利用率が低い甲状腺がんや肺がんの一部や、がん細胞の占める割合の少ない胃がんの一部は、本検査で検出されない可能性があります。
見逃されるがんをできる限り少なくするために、当施設では、超音波(エコー)検査や腫瘍マーカー(血液検査)、MRI、マンモグラフィ、胃や大腸内視鏡検査などを併用した総合的ながんの診断を行なっています。また、画像診断を熟知した放射線科専門医が、適宜必要な検査を組み合わせながら効率よい診断を行なっています。

各種機器の説明についてはこちらから。

PAGE TOP

医療法人セントヒルのその他の施設情報はこちらから

セムイPET・画像診断センター

施設概要FDG PET/CT検査とはPET/CTとPETの違い検診コースの紹介医療機関の皆様へ
プライバシーポリシーリンクアクセスお問い合わせ