TOP > 乳房専用PET(マンモPET)検査コースのご案内
乳房専用PET装置

乳房専用PET(マンモPET)検査コースの御案内

マンモPET検査+乳房超音波検査

肺がんと乳がん検診を兼ねた検査です。乳房超音波検査にマンモPETをプラスして乳がん検出に特化した検査です。マンモPETに加え、乳房超音波検査により評価します。

  • ① 乳房超音波検査
  • ② FDG検査薬F18-FDG(フルオロデオキシグルコース)を注射
  • ③ 安静室にて60分安静
  • ④ マンモPET検査による撮影(15分程度)

全身PET/CT検査+マンモPET検査

従来の全身のがん検診(検診コースにより各種検査との組み合わせあり)に加え、高精度の乳がん検診を兼ねる検査です。

  • ① FDG検査薬F18-FDG(フルオロデオキシグルコース)を注射
  • ② 安静室にて60分安静
  • ③ 全身のPET/CT検査による撮影 (20分程度)
  • ④ マンモPET検査による撮影(15分程度)

*マンモPETの検査結果に基づいて、乳房超音波検査やマンモグラム検査の追加検査を推奨させていただく場合があります。

マンモPETの保険適用

乳房専用PET 診療ガイドライン(平成25年7月 日本核医学会)より

マンモPETの保険適用は、PET およびPET/CT における乳癌の保険適用に準じ、

(1) 保険適用要件

ほかの検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する。

(2) 保険適用症例の選択基準

(a) 病理組織学的に悪性腫瘍と確認されている患者であること

(b) 病理診断により確定診断が得られない場合には、臨床病歴、身体所見、
  PET あるいはPET/CT 以外の画像診断所見、腫瘍マーカー、臨床経過観察などから、
  臨床的に高い蓋然性をもって悪性腫瘍と診断される患者であること。

PAGE TOP

医療法人セントヒルのその他の施設情報はこちらから

セムイPET・画像診断センター

施設概要FDG PET/CT装置乳房専用PET装置検診コースの紹介医療機関の皆様へ
プライバシーポリシーリンクアクセスお問い合わせ