• 標準
  • 大
  • 特大

薬剤部

薬剤部


概要

セントヒル病院の薬剤部は、調剤室、注射薬調剤室、製剤室、医薬品保管庫、DI室から構成されています。チーム医療の一員として、薬剤師一人ひとりが「薬のプロ」としての自覚を持ち、薬物療法が最適かつ最善となるよう、日々努力しています。努力の成果を全国学会に発表することで自己研鑽に努めると共に、薬剤部全体のレベルアップにも繋げています。

業務内容

  • 内服薬調剤
    内服薬調剤
    確実なチェック体制の元、薬剤師一人ひとりが正確に薬を提供できるよう心がけています。
  • 一包化
    一包化
    全自動錠剤分包機を用い1回に服用する薬を一包にまとめることで、飲み間違いの防止に努めています。
  • 持参薬鑑別
    持参薬鑑別
    薬の種類、残数、採用の有無だけでなく、代替薬の提案もしています。
  • DI業務
    DI業務
    医薬品情報の提供や 問い合わせの対応をしています。
  • 処方監査
    処方監査
    用法・用量、検査値、相互作用などを確認しています。
  • ミーティング
    ミーティング
    業務内容の確認とともに、医薬品情報の共有や会議での決定事項を報告しています。
  • 無菌調製
    無菌調製
    安全キャビネット内で全ての抗がん剤を無菌的に調製しています。
  • 注射薬調剤
    注射薬調剤
    投与速度、配合変化などを確認し、注射薬が安全に投与されるよう心がけています。
  • PET業務
    PET業務
    PET検査に使用する薬剤(18F-FDGなど)の品質検査をしています。
  • 服薬指導
    服薬指導
    服薬指導は入院患者さんが中心ですが、外来化学療法や内視鏡検査の前処置薬の説明は薬剤師が外来診察室へ出向いてしています。
  • 医薬品管理
    病棟配置薬の管理
    使用状況の他にも、使用期限、保管温度なども確認しています。
  • 病棟業務
    病棟業務
    様々な診療科について勉強できるように、担当病棟はローテーションしています
  • チーム医療
    チーム医療

    感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、褥瘡対策チームなど様々なチーム活動に参加しています。

学会発表

院内の研究会や症例検討会だけでなく、全国学会でも積極的に発表しています。
2018年度 第28回日本医療薬学会(神戸) 
PETサマーセミナー2018(山口)
2017年度 第27回日本医療薬学会(千葉)
2015年度 第25回日本医療薬学会(横浜)
2014年度 日本薬学会第135年会(神戸)
2013年度 日本薬学会第134年会(熊本) 
第23回日本医療薬学会(仙台)
2012年度 第74回九州山口薬学大会(北九州)
2011年度 第21回日本医療薬学会(神戸)

新入職員から

当院の特徴でもある透析は、投与量など複雑ですが、医師に対する適正な薬物療法の提案は、薬剤師としてやりがいを感じています。最近始めた一人暮らしのバックアップ体制もあり、公私ともに充実しています。

専門薬剤師等認定資格者(令和2年4月1日現在)

  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師:1名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師:5名
  • 日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム専門療法士:1名
  • 日本核医学会 核医学認定薬剤師:2名
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師:1名
  • 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師:1名
  • 日病薬病院薬学認定薬剤師:1名

PAGE
TOP